病院

心のケアがする職場で働く|精神科の医師求人の効率的な選び方とは

  1. ホーム
  2. 精神病院における年収

精神病院における年収

女医

精神科の医師求人を探す際に最も気になるのが年収についてですが、相場ではいくらくらいになるのでしょうか。年齢や勤務先など関係なく、全体の精神科医の年収を平均すると約1,300万円程度だと言われています。この金額は医師の科目別年収においても高い方で、集計方法にもよりますが、上から5番以内には入る金額です。それでは年齢や勤務先を考慮すると、平均年収はどのように変化するのでしょうか。まずは年齢別です。20代では900万円前後、30代では1,200万円前後、40代では1,500万円前後です。これはボーナスも含めた金額で、年収の2割から3割がボーナスになります。次に勤務先別です。精神科医の勤務先は主に国公立病院、民間病院、開業医の3つがあります。国公立病院の場合は600万円から1,400万円と大きく幅があり、民間病院に関しては1,000万円前後、開業医の場合は2,000万円以上です。以上を見てみると、年収を最優先にした場合に医師求人へ応募するのであれば、国公立病院が妥当です。コンスタントに稼ぎたいのであれば民間病院の医師求人が良いでしょう。最も年収が高くなるのは開業医なのですが、精神科において開業医を目指すのであれば、いきなり開業するのではなく、最低でも10年以上の経験が必要になります。そのため、最初は民間病院の医師求人へ応募し、10年間コンスタントに稼いだ後に開業に踏み込むのが良いでしょう。