ドクター

心のケアがする職場で働く|精神科の医師求人の効率的な選び方とは

未経験も応募できる

カウンセリング

医師求人が注目されている現在、精神科へ応募する人が増えています。専門サイトに目を通してみると、驚くほどの求人数が掲載されています。中には未経験者でも応募が可能なので、興味があるなら積極的にいきましょう。

精神病院における年収

女医

医師求人は沢山出ていますが、とくに注目されているのは精神科です。心の病を発症する方は多く、今では現代病とも言われています。精神科医を必要としている患者は増え続けているので、勤務先や年収などを考慮して応募してみると良いでしょう。

自分のキャリアを活かす

女医

現在精神科の医師求人の数は大きく、医師求人を専門とする転職エージェントも数多く存在しています。特に大手転職エージェントでは、求人数に加え、自分自身にふさわしい転職先を探すアシスタントをしているところもあり、ワークライフバランスを保ちながらキャリアを積むことができます。

心のケアをする専門家

カウンセリング

働き方にも多様性が

従業員50人以上の事業所でストレスチェックが義務化されるなど、産業界では精神保健への関心が近年ますます高まっています。うつ病や不安障害・パニック障害などを治療する精神科の医師求人は、こうした傾向を受けて、病院だけでなく一般企業からも増加しています。また依然として高齢化が進行する中で、認知症をはじめとする高齢者の精神的ケアが重視されるようになっています。老人ホームなどの施設介護と、訪問診療などの在宅介護の両面で、さまざまな形態の精神科の医師求人を見つけることができます。精神科の医師求人は勤務先によって、幅広い症例を経験できるところもあれば、かなり偏っているところもあります。給与や休日数だけでなく、今後のキャリア形成も視野に入れて、就職や転職先を慎重に選ぶ必要があります。精神科で転職する場合、数年以上の臨床経験を条件とする医師求人が多くなっています。また専門医や産業医に指定されていると、さらに待遇が良くなる傾向があります。しかし逆に初期研修が終わっていれば、経験は関係なく、できるだけ若いドクターを求めている医療機関もあります。精神科の医師求人は条件も勤務形態も多様なので、詳細な情報を集めて比較検討することが大切です。医師専門の求人情報サイトを利用するほか、転職コンサルタントに非公開求人を紹介してもらうという方法もあります。非公開求人は一般の求人より好条件な場合が多いという特徴があります。